近年、葉酸が妊娠中に与える効果に注目が集まっています

葉酸の摂取によって、胎児が先天性神経管異常などの障害を発症するリスクを下げると言う目的から、妊娠を要望する女性から妊娠初期の女性に摂取が勧められている栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物などが主な栄養素です)であるとご存知ですか?とはいえ、つわりや体調によっては、食事自体が難しくなりますから、それに伴って十分に葉酸を摂取するのも難しくなりますが、無理な食事は体調を悪化指せてしまいますから、食事は控えめにして、葉酸はサプリメント(効果が期待できる反面、副作用が現れることもあるでしょう)に代表される栄養補助食品を摂取することで不足しがちな葉酸持ちゃんと摂ることが出来ますから、こうしたものを使うのも良いと思います。

妊娠を要望する女性や妊娠中の女性など、妊娠に関わる方が一番気にする栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物などが主な栄養素です)と言えば、葉酸ですね。

葉酸は胎児の正常な発達に寄与する栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物などが主な栄養素です)なのですが、どれだけ大切な栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物などが主な栄養素です)だからといって、摂取する量には気を配ってください。

なかでも、サプリによって葉酸の摂取をしている方は特に注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)が必要です。

なぜならサプリは食事で摂れる葉酸よりも、ずっと多い葉酸がふくまれている事は、一日の葉酸摂取量を、たった数錠のサプリで賄ってしまう事からもお分かりですね。ですから、過剰摂取に陥らないよう、サプリでの摂取は、定められた用法を守るようにしましょう。どのようなサプリでも過剰摂取は身体に悪影響を及ぼしますが、葉酸の場合は胃腸がダメージをうけるため、食欲不振や吐き気などの副作用が出ることがありますから、注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)してください。

また、赤ちゃんへの影響はどうかと言いますと、喘息になりやすいといったケースがあります。

一般的に、「冷え」は不妊症の一因と考えられています。体温の低い状態が続くと血液の流れが阻害され、栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物などが主な栄養素です)が体のすみずみに至らなくなり、排卵障害や子宮の機能が低下して妊娠しづらくなるのです。

最近、冷え性(誤ったダイエットが原因で栄養失調になり、冷え性になってしまうこともあります)の緩和にお灸が脚光を浴びています。

血液の循環を良くして自律神経に働聞かけ、リラクゼーションも期待できます。

冷えを克服して温かな赤ちゃんのお部屋(子宮)を造りましょう。まだ妊娠できないと悩んでいるときは、まず、自分の基礎体温をしることから対策しましょう。簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見ればホルモン状態の変化や排卵周期が分かり、不妊治療(妊娠に至れない原因を調べ、それを改善する目的で行われる治療です)の大切なきっかけになるのです。普通の体温と違って基礎体温は、運動量が体温を変えてしまうので起床時に「毎日測る」と言う注意(しすぎというくらいでちょうどいいのかもしれないですね)点もあるので、それを守ってつけていくことが大切です。最初の1か月は慣れるつもりで初めてみましょう。妊婦にとって重要な栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物などが主な栄養素です)である葉酸、女性が妊娠するために不可欠な成分である鉄分は、ともに不足しやすいと言う共通点があります。一般的な生活で摂取できる分ではなかなか理想的な摂取量を満たすことは難しいようですので、サプリメント(効果が期待できる反面、副作用が現れることもあるでしょう)等の栄養補助食品で補給するのがおススメですね。

サプリによっては、一粒で葉酸と鉄分どちらも補給できると言う便利なものも売っていますから、サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、不足しがちな成分を、簡単に摂取できると言う訳ですね。

葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。

一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが最も重要な期間であることは、疑いようがありません。

それでは、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が要らないのかと言うと、そのような事はありません。

オナカの中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を減少指せると言う有効性に限った話では、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が大切な期間と言う訳です。

なので妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって重要な働きをする栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物などが主な栄養素です)なのですが、仮に葉酸が欠乏してしまうと、胎児にどのような影響があると思いますか?葉酸の働きとは、細胞分裂を促すと思います。

胎児に葉酸が不足した場合、先天異常を発症する可能性があると言う研究結果が報告されました。

また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、より積極的な摂取がもとめられます。

不妊でクリニックに通うのはお金がかかりますし、精神的に参ってしまう人も少なくありません。

行政からの助成金があるものの、一定の年齢(40歳程度)を超えると支給回数が減る自治体が多いですね。

第一子の出産年齢が高ければ第二子はアラフォーって普通ですね。

だからこそ、支給回数を増やすべきで、減らすのは言語道断だと思います。

実は私自身もすでにアラフォーですので、常に急かされているような気がして、疲れきっています。大きくなってきたオナカを見ると、最近まで不妊治療(妊娠に至れない原因を調べ、それを改善する目的で行われる治療です)に通っていたのが嘘のようです。結婚して3年目くらいまでは、健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、授かることができず、親しいユウジンたちの話題も赤ちゃん中心となり、やりきれない気分でした。ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤の処方をうけると、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。病院に根拠のない抵抗感を持っていたのは間ちがいでした。もっと早く来たかったですね。

妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省によって、葉酸摂取が推奨されています。

妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に葉酸の補給が不十分になると、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスクが増加すると言う報告があるのです。

受胎時から初まる細胞分裂に影響が出ないよう、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、普段の食事にプラスして、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。

 

AFC/mitete葉酸サプリの効果と口コミ@アマゾンなど販売店も

 

 

コメントする